ブログ 美容室小ネタ

美容室やカラー専門店に行くときにオススメな服装と、オススメしない服装

 

こんにちは。

福井県坂井市三国町にあるカラー専門美容室vanillaです。

美容室に行くときの服装が分からない。
お客様

 

着ていかない方がいい服はありますか?
お客様

 

スタッフ
美容室やカラー専門店に行くときの服装って悩みますよね。

 

今回は、美容室やカラー専門店に行くときに、オススメな服装とオススメしない服装についてお話していきます。

注意ポイント

事前にお伝えしますが、美容師はプロです。

決して、

「今から紹介する服装じゃないといけない。」とか

「この服装できたら絶対ダメ!」

という訳ではありません。

どんな服装で来て頂いても、細心の注意を払い、長年の経験で、問題なく施術できるのでご安心ください。

「お客様への安心安全を思って。」

「できれば美容師側も助かります。」

という思いで書きましたので、ご了承ください。

 

サロンの詳細を見る

予約・お問い合わせ

 

 

まずは結論から

 

まずは結論から言います。

美容室やカラー専門店に着ていくオススメの服装は

  • 普段着ている服
  • 首回りがスッキリしている服

になります。

逆に着ていかない方がいい服装は、

  • 厚手のパーカー
  • 厚手のハイネック
  • 襟付きのシャツ
  • ニット素材
  • 真っ白な服
  • ロングスカート

になります。

スタッフ
詳しく説明していきますね。

 

美容室やカラー専門店に行くときに、オススメな服装

美容室や、カラー専門店に着ていくのに向いている服装とは、

  1. 普段通りの服装
  2. 美容師さんが施術しやすい服装

になります。

詳しく説明していきますね。

普段着ている服装

美容室に行くときは、少し構えてしまいそうですが、おそらくほとんどの美容師さんは、

 

スタッフ
普段通りの服装でいいですよ。

 

と言うと思います。

普段の服装に合わせたスタイルを提案したりするお店もあります。

背伸びして、オシャレに決め込んでしまっては、

美容師さんも勘違いして、そのスタイルに合った髪型を提案してしまいます。

そうすると、普段とのギャップが生まれてしまい、

 

髪型だけ浮いてしまった。
お客様

 

という事態にもなりかねません。

自然体でいきましょう。

首回りがスッキリしている服

「普段着で来てください。」

とはいえ、美容師の立場からすると、

首回りがスッキリしている服で来て頂けると、非常に助かります。

上の写真は少し大げさですが、首回りがすっきりしていると、

施術中や、シャンプーの時に服が汚れるリスクが減り、安心してできます。

首回りがスッキリしている物や、襟がない服は、美容室やカラー専門店に着ていくのに向いている服装です。

 

美容室やカラー専門店に行くときに、オススメしない服装

逆に美容室や、カラー専門店に着ていくのに向いてない服装とは、

  1. 美容師さんが施術しづらい服装
  2. 必要以上に気を使う服装

になります。

詳しく説明していきますね。

厚手のパーカー

厚手のパーカーはフードがあることで、クロスをしたときに、後ろがモコモコになってしまいます。

カットをする際に、正確にできない恐れがあるので注意しましょう。

また、シャンプーをする際に、フードが濡れてしまう恐れがあります。

極力、着ていくのを避けましょう。

厚手のハイネック

厚手のハイネックもパーカーと同じ理由です。

まだ、薄手なら逆側に折り返せますが、厚手となると難しいので、極力さけるのが良いでしょう。

襟付きのシャツ

襟付きのシャツはカットの際に首回りに髪の毛が残りやすいので、注意が必要です。

また、ヘアカラーの際や、シャンプーの時に、襟が汚れやすいので、着ていかない方がいいでしょう。

ニット素材

ニット素材の服は、クロスのマジックテープがくっついてしまい、傷んでしまう恐れがあります。

さらに、ニットは、髪の毛がくっつくと取りづらい素材です。

カットをする際に、クロスからはみ出した腕の部分に、髪の毛がついてしまった。

といった事態にならない為に、注意が必要です。

真っ白な服

真っ白な色は美容師さんが1番気を使う服の色です。

髪の毛はもちろん、カラー剤や、パーマ液のわずかなシミも目立つので、非常に気をつかいます。

もちろん、全神経を使い、汚さないようにしますが、万が一のことを考えると、オススメしない服装になります。

ロングスカート

ロングスカートは床や、周りのものに接触しやすい服装です。

美容室の床は髪の毛が落ちていたり、カラー剤やパーマ液が飛んでいる可能性が0ではありません。

さらにボリュームがあるものは、クロスで完全に覆えない可能性があります。

ロングスカートを履く時点で、汚れなど気にしない方もいるかもしれませんが、美容室では特に注意が必要です。

 

まとめ

まとめると、

美容室やカラー専門店には普段通りで、首回りがスッキリした服装で行きましょう。

ということです。

さらに、

スタッフ
洋服は100%汚れません。

とも言い切れないのが美容室やカラー専門店です。

万が一がのことを想定して、着ていく服を選んで頂ければと思います。

 

こちらもCHECK

 

ではでは。

 

サロンの詳細を見る

予約・お問い合わせ

 

スポンサーリンク

-ブログ, 美容室小ネタ

© 2021 Vanilla Powered by AFFINGER5