ブログ ヘアケア ホームケア

頭皮に優しいシャンプーの選び方とは?

こんにちは。

福井県坂井市三国町で髪と頭皮に優しいカラー専門美容室を運営していますVanillaです。

頭皮に優しいシャンプーって、どのようなシャンプーですか?
お客様
低刺激なシャンプーを探してるんですけど、どんなのが良いですか?
お客様
スタッフ
頭皮に優しいシャンプーと言っても、どのシャンプーを選べばいいのか、分からないですよね。

今回は、頭皮に優しいシャンプーの選び方を解説していきます。

サロンの詳細を見る

予約・お問い合わせ

まずは、結論から

まず、結論からお話していきます。

頭皮に優しいシャンプーとは、

頭皮に優しいシャンプー

  • 天然界面活性剤のシャンプーの使用が必須
  • 界面活性剤だけこだわってもダメ
  • シャンプーは、直接頭皮につけない
  • 全身(顔も)洗えるシャンプーがオススメ

このようになります。

スタッフ
順番に解説していきますね。

そもそも、頭皮に優しいシャンプーとは?

そもそも、頭皮に優しいシャンプーとは、どんなものなのでしょうか?

少しまとめてみます。

頭皮に優しいシャンプー

  • シャンプー後、頭皮がつっぱらない
  • シャンプー後、ヒリヒリしない
  • アトピー肌でも使える
  • 必要な油分を取りすぎない
  • 細毛を予防できる
  • 薄毛を予防できる
  • 白髪を予防できる

このようなシャンプーが、頭皮に優しいシャンプーだと思いますが、いかがでしょうか?

スタッフ
今回は、上で述べたような特徴のシャンプー選びのお手伝いをさせていただきます。

シャンプーの基本は、洗浄成分(界面活性剤)

シャンプーを選ぶ際、確認してほしい1番のポイントは、洗浄成分(界面活性剤)です。

シャンプーは洗浄成分で良し悪しが決まります。

この洗浄成分は大きく分けて、天然合成の2種類あります。

  • 天然界面活性剤 自然界に存在する成分(石けん系、アミノ酸系、ベタイン系など)
  • 合成界面活性剤 石油などの原料で人工的に作られた成分(高級アルコール系)

シャンプーの成分表では、基本的に配合の多い成分から順から掲載されています。

その為、

配合表記の順番

  • 洗浄成分
  • トリートメント成分
  • その他少々

という順番が一般的です。

スタッフ
水の次に表示されているのが洗浄成分です。

チェックしてみてください。

頭皮にあまり良くない洗浄成分/界面活性剤

頭皮に対して、あまり良くない洗浄成分は下記になります。

頭皮にあまり良くない

  • ラウリル硫酸◯◯◯
  • ラウレス硫酸◯◯◯
  • スルホン酸◯◯◯

以上の成分が水の次に入っている場合は、まず洗浄力が強いと思っていいです。

スタッフ
先ほど述べた合成界面活性剤は、洗浄力が強いと覚えておきましょう。

洗浄成分が強いと、頭皮に必要な油分を取りすぎてしまい、

  • 頭皮の乾燥
  • 頭皮のバリア機能の低下
  • 頭皮の老化(酸化)

このように頭皮に悪影響をあたえてしまう可能性が高いので、気をつけて下さい。

私はすぐに頭皮がべとつくから、洗浄力が強いシャンプーじゃないとダメなんじゃないですか?
お客様

と、思う方もいるかもしれませんが、

顔の油取紙を使うと、余計にべとつく。と同じように頭皮も油分を取りすぎてしまうと、頭皮を守ろうという機能が働き、頭皮がベトつく症状が出る場合があります。

スタッフ
夕方になると、頭皮や髪がべとついてしまう方は、1度優しい洗浄成分のシャンプーを試してみてください。

頭皮に良い洗浄成分/界面活性剤

頭皮に対してオススメの洗浄成分は下記になります。

頭皮に良い

  • ココイルグルタミン酸◯◯◯
  • ◯◯◯ベタイン
  • パーム核脂肪酸◯◯◯
  • ココイルメチルタウリン◯◯◯

以上の成分が水の次に入っている場合は、とても優しい洗浄成分の為、頭皮の必要な油分を残してくれます。

スタッフ
先ほど述べた天然界面活性剤は、洗浄力が優しいと覚えておいてください。

ここまでのポイント

まず、洗浄成分が優しい天然界面活性剤を使用したシャンプーを使用する。

洗浄成分だけ気を付けているだけではいけない

それでは、洗浄成分が優しい天然界面活性剤を使用したシャンプーを使用すれば、すべて大丈夫かと言うと、そうではありません。

例えば、

参考

  • 笑って〇いともで、有名なタ〇リさんは、体をお湯だけで洗うそうです。でもお肌はつるつるです。
  • 毎日シャンプーをすることができない貧しい国の人は、全員細毛・薄毛かというとそうではありません

つまり、

極論 頭皮に界面活性剤はつけない方が良い

という事になります。

これだけ聞くと、

えー!お湯だけで洗えってことですか?
お客様

と、思われるかもしれませんが、さすがにシャンプーをしないと、皮脂がたまり、やがて過酸化脂質(汚れ)になり、それはそれで頭皮には優しくありません。

この問題を解決する方法は2つです。

解決方法

  • シャンプーを頭皮に、液体のまま直接つけない
  • 全身(顔も)使えるシャンプーを使用する
スタッフ
詳しく説明しますね。

シャンプーを頭皮に、液体のまま直接つけない

最初の対策としては、シャンプーを頭皮に、液体のまま直接つけないことです。

スタッフ
皆さんは、シャンプーを手に取り、直接頭頂部や、前髪につけて、泡立てていませんか?

シャンプーは、液体のままの状態だと、界面活性剤の浸透作用が働きすぎて、頭皮にダメージをあたえてしまう可能性があります。

ココに注意

特に、頭頂部や前髪は薄毛になりやすい部分なので、注意が必要です。

シャンプーを事前に泡立ててつけることで、界面活性剤が頭皮に浸透しづらくなり、頭皮の負担が減ります。

いちいち泡立てるのは、めんどくさいなー。
お客様

という方は、泡で出てくるようなシャンプーを使うのがおすすめです。

スタッフ
敏感なお肌のことを考えて、子供用や、ハンドソープなどでは、泡で出る商品があります。

当店で扱っているシャンプーではthe U(ザ ユー)シャンプーがオススメです。

 

参考家族みんなで使える「the Uシャンプー&トリートメント」

こんにちは。 福井県坂井市三国町でカラー専門店を運営していますVanillaです。 というお声があったので、 今回は、当店での売り上げNo1のtheU(ザ ユー)シャンプー&トリートメントについて解説 ...

続きを見る

  • 理想は、事前に泡立てて頭皮にシャンプーをつけるか、泡で出るシャンプーを使う
  • できない場合は、頭皮が弱りづらい側頭部かネープからシャンプーをつけて泡立てる

これらを意識してみてください。

全身(顔も)使えるシャンプーを使用する

次の対策は、全身使えるシャンプーを使用する事です。

全身使用できるという事は、

頭皮よりも敏感な、顔にも対応できるほど低刺激

という証拠になります。

顔まで洗えるシャンプーは、界面活性剤の濃度を少なくしている可能性が高く、頭皮に対しての負担が少ないので、オススメです。

当店で扱っているシャンプーでは、NOTTO(ノット)シャンプーとNOTTO OG(ノットオージー)シャンプーがオススメです。

 

この2つのシャンプーは、還元水を使用することによって、界面活性剤を大幅に減量しています。

その証拠に、

スタッフ
全身洗えるだけではなく、顔に泡をつけて目をあけても目が痛くない。

というくらい低刺激です。

ぜひ、お試しください。

参考髪も頭皮も同時にケアができるNOTTO(ノット)シャンプー

こんにちは。 福井県坂井市三国町にある髪と頭皮に優しいカラー専門美容室「カラーガーデンバニラ」です。 皆さんはこんな事思ったこと無いですか? トリートメントしなくてもサラサラになるシャンプーってないの ...

続きを見る

参考エイジングケアに特化したNOTTO OG(ノットオージー)シリーズ

こんにちは。 福井県坂井市三国町の髪と頭皮に優しいカラー専門美容室Vanillaです。 新しく出たNOTTO OGシリーズって何ですか?お客様 今までのNOTTOシリーズと、どう違うんですか?お客様 ...

続きを見る

頭皮に優しいシャンプーの選び方のまとめ

ここまで読んで頂いてありがとうございます。

頭皮に優しいシャンプーの選び方についてご理解いただけたでしょうか?

もう一度まとめです。

頭皮に優しいシャンプー

  • 天然界面活性剤のシャンプーの使用が必須
  • 界面活性剤だけこだわってもダメ
  • シャンプーは、直接頭皮につけない
  • 全身(顔も)洗えるシャンプーがオススメ

ぜひ、頭皮に優しいシャンプーをお探しの際は参考にしてみてください。

ではでは。

サロンの詳細を見る

予約・お問い合わせ

スポンサーリンク

-ブログ, ヘアケア, ホームケア