ブログ ヘアカラー

白髪染めを始めるタイミングとは?

こんにちは。

福井県坂井市三国町にある髪と頭皮に優しいカラー専門美容室カラーガーデンバニラです。

お客様からよく、

お客様
そろそろ白髪染めした方がいいかなー?

とか

お客様
まだおしゃれ染めでいけるかなー?

という質問をされることがあります。

今回は白髪染めを始めるオススメなタイミングと、どのように染めていくかを、美容師目線で解説していきます。

白髪染めを始めるタイミングとは?

一般的には30代後半から白髪染めを始める人が多いそうですが、

必ずしも、全員が当てはまる分けではありません。

10代から白髪が生えている人もいれば、40代でも白髪がない人もいます。

メモ

日焼けをして肌が赤くなる人は白髪が早く生える傾向があります。

一方で日焼けをしても肌が赤くならずに黒くなる人は白髪が生えてくるのが遅い傾向があります。

まずは結論から

白髪染めを始めるタイミングは結論から言うと、

白髪が気になった時です。

 

白髪が気になってストレスを抱え込むよりも、

そのストレスから解放されるのであれば、いっそのこと染めてしまえばいいと思っています。

白髪染めを始める2つのパターン

白髪染めをしようか迷っている状態は2つのパターンがあると考えられます。

 

  1. 今はヘアカラーをしていない素髪の状態から、白髪染めをしようか迷っている状態。
  2. 今はおしゃれ染めをしていて、白髪染めに変更しようか迷っている状態。

 

この2つのパターンを美容師目線でオススメな方法を解説していきますね。
スタッフ

 

今はヘアカラーをしていないけど、白髪染めをしたい場合

今はヘアカラーをしていないけど、白髪染めをしたいと思っている方の心理としては、

お客様
学校や、仕事の関係でヘアカラーができない。

お客様
ヘアカラーは髪が傷むから、ちょっと抵抗が,,,

などがあげられます。

髪の毛の状態としては

このように黒髪に白髪が混じっている状態です。

この状態から白髪染めを始めるには

ヘナカラートリートメントカラーがオススメですよ。
スタッフ

ヘナカラー

ヘナカラーは黒髪の色は変わらずに、白髪にだけ色が入ります。

色のイメージとしてはこのような感じです。

ヘナカラーは髪の毛のトリートメント効果頭皮のデトックス効果があるヘアカラーですので

 

髪の毛のダメージを気にされる方にもおすすめなヘアカラーです。

 

こんな方におすすめ

  • 白髪の割合が10%以下など少ない場合
  • ヘアカラーで髪の毛を傷めたくない
  • ヘアカラーと同時に髪と頭皮を改善したい

 

天然のヘナカラーはオレンジ1色なので、白髪率が多い場合やブラウンにしたい場合 インディゴなどで2度染めをする必要があります。

トリートメントカラー

トリートメントカラーもヘナカラーと同じく白髪にだけに色が入ります。

色のイメージとしてはこんな感じです。

トリートメントカラーは頭皮のデトックス効果はありませんが、髪の毛のトリートメント効果があります。

さらにはヘナと違い色も豊富で最初から、ブラウンに染めれます。

こんな方におすすめ

  • 職場や学校で髪の色に制限がある方
  • 白髪割合が多い方
  • ヘアカラーで痛みが気になる方

 

お客様
トリートメントカラーは試したことがあるけど、あまり染まらないよね?

と思われている方もいるかもしれませんが、

ドラッグストアなどで売っている、市販のトリートメントカラーは

ご家庭のお風呂場や洗面所の汚れのことを考えて、あえて染まりが悪い場合があります。

美容室でのプロ用のトリートメントカラーは短時間で満足のいく染まりあがりになりますよ。
スタッフ
参考ジアミンアレルギーでも白髪染めができるトリートメントカラーNODIA(ノジア)

こんにちは。 福井県坂井市三国町で髪と頭皮に優しいカラー専門美容室を運営していますバニラです。 トリートメントカラーって何ですか? 白髪も染まるの?お客様 今回は、こういう疑問をお持ちの方に回答致しま ...

続きを見る

 

おしゃれ染めから白髪染めに変更する場合

おしゃれ染めから白髪染めに移行したいと思っている方の心理としては、

お客様
白髪は気になるけど暗くなるのはイヤ。

お客様
白髪染めって一度すると、ずっと白髪染めをし続けないとダメなんじゃない?

などがあげられます。

 

伸びてきた根元が気になる場合

まずは大前提として、

注意

染める前に根元の白髪が気になるのは、おしゃれ染めでも白髪染めでも同じです。

このように根元が伸びてきて、根元の白髪が気になるのは

白髪染めをしていても同じです。

 

 

このようにおしゃれ染めで染めた後に、白髪が気にならない場合は

おしゃれ染めの継続をオススメします。

 

  • 白髪染めの方がジアミン濃度が多く、ジアミンアレルギーのリスクが高くなる
  • 白髪染めは色持ちが良い反面、カラーチェンジが難しくなる

以上の理由でおしゃれ染めを継続するのがオススメです。

 

おしゃれ染めで染めた直後に白髪が気になる場合

一方で、おしゃれ染めで染めた直後から白髪が気になる場合は

白髪染めを選択肢に入れても良いと思います。

オススメな移行方法は

step
1
普段されているおしゃれ染めの明るさをできるだけキープするように、白髪の染まりよりもs明るさを優先した白髪染めをする

step
2
それでも気になる場合は、徐々に白髪がしっかり染まるように、白髪の染まりを優先した白髪染めをする

 

このような順番で行くのがオススメです。

 

注意

白髪染めや、黒染め色持ちがいい反面、一度染めてしまうと明るくするのは難しいので注意が必要です。

 

当店で言うところの、低ジアミンカラーは明るい白髪染めにも対応しており、ジアミンアレルギーのリスクが少ないのでオススメです。

 

 

こちらもCHECK

「低ジアミンカラー」トルイレンジアミンカラー

こんにちは。 福井県坂井市三国で髪と頭皮に優しいカラー専門美容室を運営していますバニラです。 今回は当店では「低ジアミカラー」の位置づけにあるトルイレンジアミンカラーの解説をしていきます。 目次低ジア ...

続きを見る

 

「白髪染めを始めるタイミング」のまとめ

ここまで読んで頂いてありがとうございます。

少しでも白髪染めを始めるタイミングについて分かって頂けたら嬉しいです。

要点のまとめです。

要点のまとめ

  • 白髪は気になった時が染め時。
  • 素髪からの白髪染めと、おしゃれ染めからの白髪染めではオススメ方法が違う。
  • ジアミンアレルギーのリスクや、長期的なプランを考えて白髪染めをすることが大事。

これらを意識して白髪染めを始めると失敗しないでしょう。

ではでは。

-ブログ, ヘアカラー

© 2021 Vanilla Powered by AFFINGER5